肺がんの原因はタバコが多いです。医療機関にお世話にならないためにも、規則正しい生活をして免疫力を高めましょう。

病気にならないために 禁煙は基本中の基本
病気にならないために 禁煙は基本中の基本

医療機関にお世話にならないためにも、肺がん対策でタバコの禁煙

風邪のような症状が出ても、重大な病気と考える人は少ないと言えます。
リウマチや肺がんなど病気の初期症状は風邪のような症状を訴える人が多いものです。

少し時間が経てば、落ち着いたりしてしまうために医療機関などに行くことなく放置してしまうことがほとんどです。

咳、疲労感、むくみ、食欲不振、体重が減るなどして、重大な病気であるか自己判断をするのは難しいものです。

自己判断するのではなく、掛かりつけの病院へ行くことが大事です。

早期に発見することが出来れば、治療期間や費用などの負担も減ります。
会社での健康診断だけでは無く、定期的に病院へ行くことは大切です。

主婦の方の中には健康診断を受けていない方も多くいますので、嫌がらずに病院へ行きましょう。

昔から肺がんになる確率は男性、女性ともに高いと言われていました。
肺がんの原因として一番に思いつくのが、タバコです。

長期的に吸っている方は肺がんの確率は高くなるのはもちろんですが、喫煙者の周りの方も肺がんのリスクが高くなるので、家族でタバコを吸う方がいれば要注意です。

タバコを吸っていなくても、女性ホルモンの影響、親や親族に肺がんの人がいる場合、空気汚染などが原因になることがあります。
昔なら空気を吸っていても肺がんのリスクは無かったと言えましたが、近年では自動車や工場から出る有害なガスからは避けることはできないものです。

出来る限りマスクの着用が望ましいものです。

肺がんの予防対策としては、タバコを吸っている人はタバコを止めることです。

喫煙者の近くには出来るだけ近寄らないことも大切です。

規則正しい生活をすることが病気を防ぐ上では最も重要です。

栄養バランスのとれた食事は野菜、魚、果物などを中心に摂取しましょう。肉類や油、塩分の摂り過ぎは注意が必要です。

夜更かしなどをせず、規則正しい生活をして運動をすることで、体内の免疫力を高めることが全ての病気に効果的と言えます。

おすすめ記事



Copyright(c) 2018 病気にならないために 禁煙は基本中の基本 All Rights Reserved.