肺がんの原因と言われるタバコですが、医療の現場ではやはりデメリットの方が大きく取り上げられています。

病気にならないために 禁煙は基本中の基本
病気にならないために 禁煙は基本中の基本

医療の現場での肺がんの見方

最近増税が施行されたものがあります。
酒などの嗜好品と並ぶタバコです。

酒は良くてタバコは悪いということで、愛煙家からはかなりの数の抗議の声が挙ったようですが、その声もタバコ増税を引き止めるほどの効果はなかったようです。

その最たる理由として挙げられたのが、タバコを吸い続けることによって生じる肺がんの危険性です。

タバコへの依存性の高さも危険視されています。
肺がんにかからなくても息切れや疲れやすさを感じることもあるようです。

よくメディアなどで肺がんの人の肺と、健康な人の肺、というのを二つ並べて比べていることがありますが、肺がんの人の肺は健康な人のそれと比べると明らかに真っ黒に汚れています。
これはタバコに含まれているニコチンのタールという物質のせいです。

この物質が肺に付着する事によって、体に必要な酸素の取り込みが悪くなるようです。

そうなると生命の危険もありますから、タバコが槍玉に挙げられたのでしょう。

医療の現場でもタバコはメリットよりもデメリットの報告が多いです。

メリットとしてはストレス発散効果や甲状腺が刺激されることに伴う痩身効果などが挙げられます。
よくタバコをやめたら太ったなんていう言葉を聞くのはこのせいかもしれません。
しかしやはりデメリットの方が取り上げられることが多く、依存性や肺がんへの危険性が心配されているようです。

タバコを吸わないことが一番だとわかっていても吸ってしまう人にとっては耳の痛い話かもしれませんね。

おすすめ記事



Copyright(c) 2017 病気にならないために 禁煙は基本中の基本 All Rights Reserved.