男性ではタバコが原因の病気が肺がんですが病気になって医療に頼る前に止めて健康になる気はないでしょうか

病気にならないために 禁煙は基本中の基本
病気にならないために 禁煙は基本中の基本

医療が進んでも肺がん治療は辛いよ

肺がんになる確率は喫煙者に俄然多いようです。

それに自分が吸わなくても煙を吸うだけでもなってしまうこともあるようです。

タバコを止めた私としてははっきりいって分煙している場所が多いとはいえ歩きタバコをしていたり外の喫煙場所で吸っている人もいるから確実に安全だとはいえないと思います。
そして何よりも吸ってる人の肺がんになって亡くなるリスクは5倍近いんだそうです。

それなら医療が進んだからといってもほとんどの場合が自業自得なんじゃないかと思うんです。

タバコの値上げでも止められない人が多いんだからわかっていても今更辞める事は出来ないんだろうかと思います。
それでも人は値上がりや病気になるのが嫌で禁煙している人もいるんだから止められないことはないと思うんです。

現に私もやめて何年にもなるので言いたいと思います。

私の場合には値段が上がる前に気管支喘息と診断を受けた事がありとにかく咳がとまらなくなり呼吸する事が出来ないぐらい咳きこんでしまい仕事中などにそうなってしまい止まるまでにかなりの時間苦しい思いをしました。
それで止めたんですがやはり少しでも具合が悪くなったりしない限り止める人は増えないんでしょうか。特に男性は原因の1位なんで出来る限り止めて欲しいと思います。
病気になってしまってから医者に頼って苦しい治療をするまで考えを変えないんでしょうか。ガンの治療は過酷で辛い事をもっと多くの人にわかってもらわないとダメなんじゃないでしょうか。

おすすめ記事



Copyright(c) 2017 病気にならないために 禁煙は基本中の基本 All Rights Reserved.