肺がんにかかった知人のおじいさんがいます。医療にもっと興味を持ち、予防できるものは予防していきたいです。

病気にならないために 禁煙は基本中の基本
病気にならないために 禁煙は基本中の基本

医療に興味を持って、肺がんを防ごう

知人で肺がんで闘病中のおじいさんがいます。
この病気というのは難しく、切除できない部位であればなおさらでしょう。だとすれば、この病気にならないよう、なるべくリスクを避けるしかありません。医療に興味を持ち、予防できることはしておきたいと思いました。
これは、肺や気管支に悪性腫瘍ができ、他へ転移していくというものです。

特に肺は、全身に酸素を送る器官でもあるので、遠くへ転移する可能性が高いのも心配です。

最近では胸部CTなどでかなり早期発見が可能なので、とにかく検査を受けるというのも大切かと思います。
この病気の原因と言って真っ先に思い浮かぶのは、喫煙でしょう。発がん性の煙を直接吸い込むことになるので、当然ながら発症率は上がります。
ただし、自らは喫煙をせず、さほど周囲にも喫煙者がいない、という場合でも発症することがあるため、これがすべてとは言えません。

しかし、データを見てみると、やはりたくさん吸う人ほど発症率は上がっているのも事実です。

そしてよく言われるのが、吸い始める年齢が早いほど影響が大きいということです。

タバコ以外の原因として、大気汚染について指摘する人もいますし、アスベストなどの影響を受ける、職業性のものもあります。
これらのデータを知ると、とにかくタバコは吸わないようにしよう、と思います。
受動喫煙をしないよう、それも気をつけたいところです。

そして何より、定期的な検査が最も大切です。

もし発症しても、早期発見なら治療もスムーズに行くと思います。

おすすめ記事



Copyright(c) 2017 病気にならないために 禁煙は基本中の基本 All Rights Reserved.